• ホーム
  • AGAの対策には生活習慣の改善を

AGAの対策には生活習慣の改善を

鏡を見て、髪を梳かす男性

薄毛の症状に悩む人は多いですが、中でもAGAと呼ばれる男性型脱毛症については、薄毛のほとんどの割合の人に当てはまると考えられています。
AGAの原因としては、体内にある酵素の働きにより、頭頂部や前頭部の毛髪の成長をストップさせてしまうことによって、引き起こされるということが分かってきました。
そこで、最近では、原因となっている酵素の働きを弱めることができる薬を服用することができるようになっていて、薄毛の症状の進行を止める、あるいは改善させることができるようになってきています。
しかし、薬を服用していれば、それでAGAの対策となるのかというと、そういうわけではなく、生活習慣の改善も大事になってきます。
生活習慣で大事になってくることとしては、食事や睡眠、運動などが大事になってきます。
食事については、髪の毛をつくる栄養もしっかりと取らなければ、薬の効果も半減してしまいます。
では、どのような栄養を摂る必要があるのかというと、まず、髪の毛をつくる元となるたんぱく質を中心に、亜鉛やミネラルなどを多く摂るということが大事になってきます。
糖質や脂肪に関しては、過剰に摂取すると頭皮に影響を与える可能性がありますから、取り過ぎないように注意する必要があります。
次に、睡眠については、睡眠中は成長ホルモンが分泌されやすく、髪の毛が成長する時間でもありますから、睡眠はしっかりと取るようにするということが大事になってきます。
運動については、特に有酸素運動では、全身の血流をよくすることになるので、頭皮の血流もよくなり、髪の毛の成長に必要な栄養もしっかりと行き届くようになるので、運動習慣を身につけるということが大切になってきます。

関連記事