• ホーム
  • AGA対策に有効である主な成分

AGA対策に有効である主な成分

髪の毛に悩む男性

3つの観点から見ることが大切です。
育毛と発毛、そして栄養素になります。
これらのポイントから見て、AGA対策に有効的な成分を理解しましょう。
まずフィナステリドです。
特にAGA治療を開始したときに、多くの人が出会う医薬品であり、有効成分になっています。
AGAの原因は男性ホルモンであり、それを作らせるのを阻害する役割があります。
必ず必要になる医薬品ですので、決して無視できない成分です。
次にミノキシジルです。
これ発毛剤として使われています。
フィナステリドは抜け毛を防止し、育毛効果を持つ役割がありますが、ミノキシジルにはない頭髪を生やす効果を持ちます。
最初は産毛になりますが、その頭髪を男性ホルモンの影響を受けないようにフィナステリドで守ることを想像すれば、どちらも必要な成分であることがわかるでしょう。
ただし頭皮が透けて見えるような状態ではない、抜け毛が目立つ程度であれば、使用する必要がないケースもあります。
その次に頭髪の健やかな成長を促進させるためにリジンが有効的とされています。
こちらは医薬品ではなく、サプリメントの感覚で飲用するものです。
リジンは髪の成長を促進させる効果があり、また発毛剤であるミノキシジルの効果を高める作用があるとされています。
この3つがAGAに有効な成分になっています。
今までの育毛剤や発毛剤と比べると大きな結果をもたらすようになった成分ですが、残念なことに医薬品でも限界があります。
こればかりは試してみないとわかりません。
まずは医師の見解を求めながら、AGAに有効ある成分を試してみることをおすすめします。
効果を実感できるまで時間が掛かりますので、気長に治療をしてください。

関連記事
サイト内検索